たにおのゆかいな仲間たち

05< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>07
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 02:00:33 «Edit»
2009
07/10
Fri
Category:教養

カンボジアで今行われていること 

先日駒大GM学科の授業にお邪魔してある人の公演に参加しました。

感動というか、自分の無知というか、いろんなものを感じたのでブログに載せてみたいと思います。

まず、カンボジアという国の紹介です。

東南アジアに位置する国の一つで、主な観光名所の一つとしてアンコールワットが挙げられます。

繧「繝ウ繧ウ~1_convert_20090710012903

とってもきれいな遺跡群です。

大谷もぜひ行ってみたいと思っていた場所なんです。

しかし、こうした美しい遺跡があるのに対してカンボジアに暮らす人々の暮らしはアジアの中でも最低レベルにあるといわれています。

原因は様々ですが、一番大きいのは幾度として展開された戦争です。

1970年代におけるベトナム戦争の支援や、さらに最近まで行われた内戦の結果、一般市民は暮らしの水準が低下し、大人の雇用も減少しました。

こうした背景の中、今カンボジアで問題になっているのが、「売春」です。

農村部で収入がほとんどない生活を強いられている家族がまだハタチに満たない娘を都会に売るそうです。

親自らが娘を売るそうです。

信じられませんが、これが事実のようです。


こうした事実を知って自ら現地に赴き、問題を解決しようという方たちがいます。

それが今回の公演でお話をしてくださったNPO法人かものはしプロジェクトの村田さんです。


村田さんは大学生のときから売春問題を取り上げ、自分たちになにができるだろうかということをずっと考えてきたそうです。

タイの現状を見たり、大学生の企業家コンテストに応募し現地で何ができるかを発表したり、苦闘しながら挑戦してきました。

そして仲間や現地のかたに支えられかものはしプロジェクトという売春問題に取り組む事業が開始されました。

現在ではカンボジアやタイなどで売春宿で行われていることをストップさせるための活動を始め、日本における事業にも取り組んでいるそうです。


カンボジアで行われている事業は、主に二つあります。

一つは、需要と供給を減らして相互の関係を止めることです。

つまり売春宿に連れて行かれる子供を減らす活動と、客を減らす活動です。

もう一つは、保護した女の子を自立させる活動です。

売春宿から保護した子は泣くこともできないほど感情が失われて、まずはそのケアから始めてあげます。

徐々に就業させるための訓練を行い、最終的には仕事に就くまでになるそうです。


こうした活動を進めるかものはしプロジェクトのお話を聞いてとても感銘を受けました。

同時に自分の無知さも判明しました。


この記事を見て少しでも興味を持った方がいたら、かものはしプロジェクトのホームページに行ってみましょう。
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。